「グループ魂のある意味ツアー」ライブDVD

私が初めてグループ魂の音楽に出会ったのは、とあるFFXIのフラッシュTaru Rikkies!! でした。
いったいだれの曲なんだろうと気になって気になって寝ることもできなかった、そんなある日。
何気なくつけっぱにしていたテレビ(おそらくスペシャ)から聞き覚えのあるヘヴィメタルシャウトがっ!
あわててメモって恵比寿の新星堂で迷うことなく購入したのがこの「グループ魂のある意味ツアー」ライブDVDなのです。

グループ魂とは、恐るべきことに単なる普通のロックバンドではありませんでした。
メンバー紹介はこんな感じです。

破壊(阿部サダヲ):Vocal, Chorus, Voice
暴動(宮藤官九郎):Electric Guitar, Chorus, Voice
バイト君(村杉蝉之介):Chorus, Voice, Harmonica

阿部サダヲといえばドラマ『池袋ウェストゲートパーク』、『木更津キャッツアイ』、『ぼくの魔法使い』等でプチブレイクした、猫目がチャーミングな「大人計画」の役者さんです。
そして宮藤官九郎といえば、上の3作だけでなく映画『GO』や『ピンポン』の脚本家として一躍時代の寵児となったあの「クドカン」です!
(特に小泉今日子主演ドラマ『マンハッタンラブストーリー』は、私の心のベストテン第一位(ドラマ部門)に今でも燦然と輝いています!)
村杉さん・・・すいません、大人計画ファンではない私には誰なのか全然わかりません・・・w

歌詞はご想像の通り基本的にお笑い系(コント含む)なのですが、楽曲自体は意外と王道を行くロックンロール。
破壊も暴動もギターウルフばりに皮ジャン着込んでてかっこいいぞ!(参考:RSR2004出演時のレポ
合間合間に入る港カヲル(注:渚ではありません。念のため。)の濃ゆいトークにもハートを鷲掴みにされてしまいました。聞いててほんと疲れるけど・・・w

個人的には、マイクスタンドにギターピックの代わりに青スリッパ(もちろんつっこみ用!)がさしてあるところに一番感激したのでした。
[PR]
by kana_j | 2004-10-12 21:33 | 音楽


<< 中古盤漁り@お茶の水ディスクユニオン コロロカでカニ鍋、アルテパで昆虫採集 >>