CD購入記録(2004年10月)

<アルバム>
・ゆらゆら帝国 "ゆらゆら帝国1998-2004"
・カーネーション "Carnation is the Great R&R Band"
・キリンジ "Kirinji Archives: Singles Best"
・ゆず "1"
・エレファントカシマシ "風"
・グループ魂 "Run 魂 Run"
・グループ魂 "荒ぶる日本の魂たち"
・真心ブラザーズトリビュート "真心COVERS"
・YO-KING "音楽とユーモアの旅"
・Rip Slyme "Masterpiece"
・GO!GO!7188 "竜舌蘭"
・Eugene Kelly "Man Alive"
・Brian Wilson "Smile"
・Neil Young "On The Beach"

<シングル>
・オリジナル・ラヴ "沈黙の薔薇"
・Rie fu "Rie who?"
・Rie fu "Life is Like a Boat"
・YO-KING "審美銃"
・Rip Slyme "黄昏サラウンド"

今月の事件はやっぱりビーチ・ボーイズ幻の最高傑作"スマイル"の再録音盤が出たということかな。
かなり原作(未発表作なのでブートレグや断片的に発表された音源から空想するしかないけれど・・・)に忠実な出来で、
インストだった"Barnyard"や"Holidays"に歌詞がついてたのには鳥肌が立ちましたよ!
正直ブライアンにここまでのものをまとめる意思の力が残っていたとは思ってもいませんでした。ありがとうブライアン!
ただやはり37年の月日の経過は残酷で、ブライアンの声の衰えを感じずにはいられませんでした。
カールもデニスもいない今、あの完璧なハーモニーを再現することはできないのよね・・・。
とはいえ、声のことを差し引いてもとてつもない傑作であることに間違いありません。
特にVan Dyke Parksによる歌詞は「詩」としても読み応えのある素晴らしいものです。
これが1967年に完成されていたらビートルズのサージェント・ペッパーズを超えるポップスの大金字塔になっていたはずと思うと悔しい!

あとは新人女性シンガーソングライターのRie fuのシングルが掘り出しものでした♪
[PR]
by kana_j | 2004-11-07 15:56 | 音楽


<< 矢野沙織カルテットLIVE@新... 釣り猫日誌@ミザレオ&ルフェーゼ >>